ゴミを減らすための企業の努力

>

廃棄物削減をすべき理由

そのままリサイクル

古くから言われている、使えるものは最後まで大事に使うことも当たり前ですがリサイクルの一種です。
着れなくなったモノを他の人にあげたり、バザーなどに出すことで、捨ててしまうようなものが捨てられずにすみます。
日本特有の感覚である勿体無いという感性は現在のリサイクルに通じるところがあるのではないでしょうか?
私達は知らず知らずの間にそのままの形でリサイクルするということを知っていたのかもしれません。
そのままの形と言っても、使い方を変えることでもっと長く使い続けられる物もあります。
例えば、空いたお菓子の箱や缶などを細々したような物を入れて整理したり、ペン立てとして利用したりする事です。
使い方によっても、再利用できる可能性が出てくるのです。
企業でそのまま回収していることも多いので、チェックしてみてください。

一手間かけて再利用

いったん分解して材料としてリサイクルすることも可能です。
有名なものですと、ペットボトルやビンカン、牛乳パックなどです。
スーパーなどに持っていけば、リサイクルしてくれます。
ですが、規定通りに出していただけないとちゃんとリサイクルしてもらえません。
きれいに洗って出して出さないと、せっかくリサイクルできる物もゴミとなってしまいます。
ひと手間をかければ、もう一度製品として生まれ変われるのにもったいないです。

企業でも、使い終わった商品を回収して、リサイクルしているところも多いです。
正直、リサイクルに協力することが面倒だと感じてしまう方もいるでしょう。
ですが、そのひと手間が集まると大きな変化として現れてくるので、めんどくさがらずにリサイクルに協力していきましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる